【体験談】夏休みのノンケ少年の勃起チンポをフェラ①

 

 

 

 

ゲイの大学生とノンケの高校生が夏休みに出会って、身体の関係を持ってしまったセックス体験です。

いけないことかもしれないけど、どうしても我慢できなかった夏の想い出です。

 

浩輔との出会い

去年の8月の初め頃、夜遅くに、俺は自分のアパートに帰ってきた。

すると、なにかゴソゴソとした動く気配があったので近づいてみると、短パンに上半身裸の少年がいて、びっくりした。

俺はなんかイタズラでもしているのかと思ったんだけど、アパートの前の水道で、ペットボトルに水を汲んでいるところだった。

「どうしたの?」と尋ねてみると、

その少年は『ちょっと水が欲しかったんで。ごめんなさい。』と言う。

「こんな夜中に何で?」と聞いてみると、『夏休みに、自転車で日本一周旅行をしている途中で。』とのことだった。

 

この子は、関西からやってきた高校1年で、浩輔という名前だった。

浩輔は身長165cmくらいで、坊主頭が伸びたような感じ。

細身だけど、結構筋肉なんかもついてて、おまけに上半身裸で短パンという格好だったから、俺はちょっと興奮してしまった。

顔は、別に美少年という感じではないけど、どこにでもいるかわいい少年という感じで、聞かなかったら中学生としか思えないような、あどけない顔立ちだった。

でも浩輔のニコッと笑う笑顔がかわいくて、けっこう俺のタイプだったんだ。

「俺どうせ一人暮らしだから、家に寄ってシャワーでも浴びていけば?」

そう言うと、浩輔は日に焼けた顔をニッコリとさせて大きく頷いた。

『ありがとうございます。いいんですか?』

「うん。そりゃ、こんなに暑いと疲れるよね。」

そういって、俺は浩輔を部屋に招き入れた。

 

浩輔と俺の部屋でエロ話

部屋に入ると、外ではわかりにくかったけど、浩輔は本当に真っ黒に日焼けしているのがわかった。

引き締まった体で腹筋が適度にわかる感じで、ショートタイプのサッカーパンツが良く似合っている。

太腿なんかはさすがに、自転車で走り回っているだけあって、かなり筋肉質だ。

ほとんど体毛が目立たないところが少年らしい感じで、俺はドキッとした。

俺はとりあえず浩輔にシャワーをすすめて、テレビを見ながら、浩輔が上がってくるのを待った。

暑かったから、エアコンをつけて、オレもTシャツを脱いで、上半身裸に、トランクス一丁という格好になった。

正直いって、俺もエロい気分になっていたんだ。

短パン一丁で上がってきた浩輔と、麦茶を飲みながらいろいろ話した。

「何日くらい旅行してるの?」

『オレ?2週間くらいかなぁ。』

「いつも、どこで寝てるの?」

『野宿とか、たまに民宿とかやけど。』

「へぇ、すごいな。高校生なのに。」

『そうでもないで。』

「けど、浩輔っていい体してるよな。」

『ホンマに?へへへ。』

ちょっと照れながら、関西弁でしゃべる浩輔。開けっぴろげな関西人で、すぐに馴染んでくれる。

俺のことは『兄ちゃん』と呼んでくれた。馴れ馴れしいかもしれないけど、全然嫌じゃない。

 

あぐらをかいて座る浩輔の股間に注目していると、時々ポロッと、半分剥けかけのチンポが、少し顔を出しているのに気がついた。

どうも短パンの下は、何も穿いていないようだ。

「お前チンポ見えてるよ。パンツ穿いてないのか?」

『あっ。汚れてたから、今は穿いてへんねん。』

「つーか、高1のクセに、結構チンポでけぇな。」

『あっ!バレた?へへへ。』

浩輔のチンポは本当に大きいらしく、短パンの中におさまっているときも、結構モッコリしているのがわかった。

「最近の子は、成長が早いのかなぁ?」

『兄ちゃん、なんかエロいなぁ。』

「オナニーとかやってるの?」

『えっ!なんちゅーこと聞くねん。やってへんよ。もう2週間も!』

 

俺はそれを聞いて、自分の股間がムズムズしてきた。なんとかして、浩輔のチンポに触れたい。そう思った。

「彼女いるの?エッチはもうヤッたの?」

『おらんよ~。まだオレ童貞やで。』

「えぇ~、かわいそう。」

『そういう兄ちゃんはどうなん?』

「俺はいつもやってるよ。フェラチオさせたりとか。(男にだけど…)」

『うぉ~!エロ~!なんかオレ勃ってきてまうやん!』

「すげぇ気持ちいいよ。シャブられると。」

『えぇっ!ホンマに?いいなぁ。オレもヤッてみたい!』

などと話して、なんとかHな方向に話を持っていこうとしたが、浩輔はずいぶん疲れているらしく、明らかに眠そうになってきていた。

仕方がない…。

「俺のベッドで寝ていいよ。」と言った。

『えっ?エエの?ベッドで寝るの久しぶりやわ。ありがとう。へへっ!』

そう言うと、浩輔はさっさと眠ってしまった。

浩輔はずいぶん無防備だ。でも、それがカワイイ。

俺は浩輔の寝顔を見てドキドキしていたけど、そのうち眠くなってきたので、床に寝てしまった。

 

明け方に我慢できず…

明け方の5時頃、俺は目が覚めた。しばらく眠っていたが、浩輔のことがどうしても気になる。

ふと見ると、ベッドで浩輔がスヤスヤと寝息をたてて、眠っている。

「ほんとに疲れてるんだなぁ。」と思った。

浩輔はベッドの上で、大の字になって無防備だ。

しかも、チンポは朝勃ちしているようで、ボリュームのあるフル勃起が、短パンの薄い生地を突き上げている。

 

チンポにさわりたい…。

俺は誘惑に勝てずに、浩輔の勃起チンポを、短パンの上からそっと触ってみた。

ギンギンにフル勃起した浩輔のチンポは、ゆうに18cm以上はある感じだ。

勃起すると完全に剥けるみたいで、クッキリと雁の形が、短パンの上からでもわかった。

日に焼けたスベスベの筋肉質な太腿を、スーッと触ってみる。

俺は興奮して、トランクスの中でチンポはギンギンに勃起していた。

そうは言っても「いくらなんでもこれ以上はヤバい」と思い、俺は途中でやめてしまった。

朝も涼しくなってきていたので、大の字になった浩輔の脚を持ってまっすぐにし、タオルケットをかけてやる。

「起きるかな?」と思ったが、まったくその気配がない。

 

もう止まらない

俺はもう一度布団を足元の方にやって、浩輔をまじまじと見た。

そして、浩輔の引き締まった腹や、少し筋肉がついて盛り上がった胸、細い首筋や二の腕を、愛撫するように触ってみた。

どうしても我慢できなくなって、浩輔の唇に軽くキスした。柔らかい…。もう1回キスした。

 

 

 

「起きない!」

そう思った俺はもう、思わず浩輔の短パンに手を伸ばしてしまっていた。

少しずらしてみる。日に焼けていない白い肌が見える。

短パンの上をちょっとめくると、かなり迫力のある亀頭があらわになる。

そして少しずつ、少しずつ短パンを下ろしていった。

ギンギンにフル勃起した浩輔のチンポ。

 

 

 

今まで見たことないくらいにデカイ!あどけない顔に似合わないくらいだ。

両手で握っても、まだ亀頭が余るほどで、上に反り返って20cmくらいはある。(俺より5cmもデカイ!)

チンポの太さも、親指と中指の先が、ギリギリ回るか回らないくらいあった。

そのくせ陰毛は大して生えていなくて、キレイな陰部をしていて、俺はすごくドキドキした。

ちょっとためらいはあったけど、もう止まらなかった。俺は興奮して、何が何だかわからなくなってしまっていた。

 

 

 

ついに浩輔のチンポを

俺は浩輔のチンポを、袋の裏から先端にかけて、ペロッと舐めあげた。

少年のチンポの独特の匂いが、脳天を突き抜けるようだ。俺をどんどん興奮させてしまう。

俺はもう我慢できなくなって、浩輔のデカイ亀頭をパクっと口に含んだ。

 

 

 

スゲェ!スゲェ!スゲェ!

頭がボォーッとしてきて、もうどうでも良くなってくる。ヤバいとわかっていても、シャブるのをやめられない。

俺は浩輔の脚の上に、股がった格好でチンポをシャブり続けた。

 

 

 

浩輔のチンポを口いっぱいに味わっていたとき、突然、浩輔が目を覚ました。

『あっ!兄ちゃん!アカンって!』

いきなり浩輔が声を上げた。俺はビビって、口からチンポを出した。

『あっ!ヤバイッ!』

浩輔が叫ぶと、浩輔の尿道からツツーッと白い液体がこぼれたかと思うと、ものすごい勢いで白いザーメンが噴き出した。

『あぁっ!イクッ!』

小さい声で浩輔が唸った。

 

 

 

ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!

浩輔の精液は、さすが2週間も溜め込んだだけのことはあって、かなりの濃さで、なかなか止まる様子もなく、何回も何回も吹き上げ続けて、俺の顔や浩輔の体中に飛び散った。

何発かは、ベッドに寝ている浩輔の頭を超えて飛んでいた。

10回以上ぶっ放して、やっと精子が止まった。こんな射精を見たのは、俺も初めてだった。

すごい射精だ…。

部屋中に、精子のニオイが充満していって、エロい気分になってしまう。

 

 

 

『あ~ぁ…。兄ちゃん…。』

「ご、ごめん。」

『でも、めっちゃ気持ち良かった。』

「…。」

『顔汚いで。つーか、オレのチンポなんか舐めて大丈夫なん?』

俺は自分の顔にかかった浩輔の精液が、口の方に垂れて来るのをペロッと舐めてみせた。

『マジぃ!?兄ちゃん、もしかしてホモ?』

俺は何も言わず、浩輔の体に飛び散った精液を舐め取っていった。腹や胸、首筋まで飛び散った精子を全部だ。

浩輔の白い精液は濃くて、臭くて、ドロドロしていて、おいしかった。
しかもすごい量だ。

『あ~あ、なんか変な感じや。くすぐったい。』

 

 

2回目はもっと感じて欲しい

浩輔のチンポはぜんぜん収まる様子もなく、ずっとギンギン勃起のままだった。

俺は浩輔をイカせたことは満足したものの、まだまだ浩輔の身体を楽しみたいという欲求がおさまらなかった。

精液まみれの浩輔の勃起チンポを、俺はもう一度くわえた。舌で、グリグリと亀頭を攻める。

『アカンて!兄ちゃん、また出るって!あぁ~!気持ちいいっ!』

俺はこれで、浩輔が同意してくれたと確信した。

 

 

 

ジュボジュボといやらしい音を立て、頭をふって浩輔のチンポに甘美な刺激を与えていく。

『うわぁぁ。うぉぉ。あぁっ!すごいっ!』

浩輔は腰を引こうとしながらも叶わず、口が開いてしまっている。

 

俺は浩輔の腰をつかんで、逃げられないようにした。もちろんその間も、チンポのおしゃぶりはやめない。

『あぁっ!あはぁぁ!あぁぁん!』

浩輔は声にならないくらい感じてくれている。

 

浩輔が俺のフェラで、こんなに感じてくれている!そう思うと、俺の興奮はさらに増していく。

俺は、浩輔のチンポの裏筋をペロ~っと舐め上げた。

『あぁ~!それすごい!』

ご希望にお応えして、アイスキャンデーのように、何度もチンポの裏筋を舐め上げていった。

そして、チンポを横側からハーモニカ舐めしながら、チュパチュパと卑猥な音を立てて、浩輔のチンポを味わい楽しんだ。

グニョグニョと動く金玉にもキスをして、口に含んで舌で転がしてあげる。

『ふぅ~。ふぅ~。』と笛を吹くように荒く息をしながら、浩輔は気持ちよさに顔を歪めて、目をつむって耐えている。

 

しかし、高校生のチンポは本当に正直だ。ガチガチに硬くなっていく。

今度は亀頭だけをくわえて、チュッチュッと音を立てて、吸いあげていく。

浩輔は、敏感な亀頭を舐めまわされるのに弱いらしく、俺が舐めているところを、口を開けながら切なそうに見つめて、気持ちよい震源を確かめて感じているようだ。

つづけて亀頭を咥えたままで、舌をローリングさせて、亀頭を徹底的に舐めまわして責めていった。

『うぅっ!うぅ~ん!はぁぁっ…。』

 

 

 

浩輔は身体を硬直させているが、チンポがツバまみれでシャブりまわされて、相当気持ちいいのだろう。

腰がプルプルと震えているのがカワイイ。

少年の青臭いニオイを感じながら、俺は浩輔のチンポを味わい尽くしていった。

 

浩輔の2回目の射精

俺は浩輔のチンポを、片時もくわえて離さない。口で浩輔のすべてを感じていた。

「もう一度、浩輔がイクところが見たい!」

そう思った俺は、左手の親指と人差し指をツバで濡らしてから、浩輔の乳首をコリコリとつまんで刺激した。

そのまま亀頭をツバいっぱいに咥えたまま、右手で浩輔のチンポの根元をつかんで、小刻みにシゴいていった。

 

『うぅっ!うぅっ!うぅ~~っ!』

浩輔は泣きそうな顔でアエギまくってくれる。

俺の口の中で、浩輔の尿道からガマン汁があふれてくるのを感じる。

浩輔のチンポが熱い!そしてしょっぱくてウマイ!これが浩輔のチンポの味なんだ!

浩輔をもっと感じさせてやりたい!俺は浩輔のチンポを目一杯シゴいていった。

 

 

 

『あぁっ!すごいっ!…。あぁ!気持ちいい!気持ちいい!気持ちいい!』

浩輔は淫語を連呼して、フィニッシュが近づいていることを知らせてくれる。

浩輔の息づかいがどんどん荒くなってくる。もう少しだ!絶対にイカせてやる!

 

『あぁっ!あぁ無理っ!イクッ!イクぅ~~!』

 

 

浩輔の元気なチンポは、俺の口の中で限界まで膨れ上がったかと思うと、大量の精液を、俺の口の中で弾けさせた。

浩輔は筋肉質の太腿を硬直させ、ぷるぷると震わせながら、何発も何発も、口の中に熱くて白い液体を吐き出し続ける。

 

 

俺はゴクゴクと、浩輔の精子をおいしく飲み干した。精子の温かさとニオイに、頭がクラクラしてしまう。

こんなにうまい液体があるだろうか?

 

『はぁっ!はぁっ!はぁっ!』

気持ちよくイッた浩輔は、放心状態で肩で息をしている。

しばらくすると、浩輔のチンポはへな~っと垂れ下がり、勃起はようやくおさまっていった。

 

勃起はおさまっても、俺はきれいにお掃除フェラをしてあげる。いや、浩輔のチンポをもっともっとシャブっていたかった。

少し強めに吸って、尿道に残っている精子まで吸い出して、浩輔の味を楽しんだ。

俺はもっと浩輔の身体を楽しみたくて、乳首や脇腹、そしてチンポをナメ回していった。

本当に最高の時間だった。

 

 

それから、しばらく2人とも無言でたたずんでいた。

しばらくすると、浩輔は居心地が悪かったのか、身支度を始める。

『あぁ~あ。はぁ、オレ行くわ…。』

浩輔は怖くなってしまったのか、シャワーも浴びずに、そそくさと出て行ってしまった。

俺は携帯の番号を書いて、浩輔に渡そうとしたが、受け取ってくれなかった。

「残念だけど、仕方ないよね。」

俺はそう思った。

 

俺はやってしまったことに満足はしていたものの、浩輔を失ってしまったことを後悔した。

「せめて浩輔ともう一度ちゃんとキスしたかったな…。」

 

それからしばらくの間、俺は、浩輔との絡みやチンポの味を思い出しては、何度も何度もオナニーした。

浩輔の身体を楽しんだことが忘れられない。

それでも、何日も過ぎて、浩輔のことをあきらめかけていた頃、浩輔が突然、訪ねてきてくれることになるんですが、それはまた今度に…。

 

-おしまい-

 

続きは、こちらをご覧ください↓

 

 

 

 

オススメ動画

挿絵がわりに画像を載せていたのが、Men'srushTVの作品です。

作品名『見た目は子供、チ○コは大人な超童顔18歳デビュー!』

 

顔は中〇生で、おちんぽは巨根という可愛らしい男の子が、おっさんゲイにシャブりまわされます。

若くてかわいい男の子をシャブりまわすのは、中年ゲイの性欲に刺さりまくりますね。

パンツからおちんぽを引っ張り出すと、意外と大きなチンポでうれしくなってしまいます。

 

おっさんは、中〇生のおちんぽをしゃぶりまわして、口と手コキで追い詰めていきます。

イク寸前に顔をかわいく歪めるところと、おっさんにイカされて、真っ白な濃厚ミルクをボトボト飛ばしまくるところが可愛くて、私もついついヌイてしまいました。

イッたあとも、おっさんゲイは男の子の精子を舐め取ったり、お掃除フェラを楽しんでいきます。

 

かわいい男の子の精子って、全部飲んでしまいますよね!本当においしいもん!

子供のような童顔な男の子をシャブりまわして、手コキでイカせる楽しさを、ぜひ味わってください!

 

 

ピッチピチの18歳がデビューしました!見た目も超童顔の男の子!
脱がせて見たら立派な大人チ○ポが!!
ビンビンに勃起したチ○ポをゴーグルマンにフェラされ、手コキされ・・・最後は真っ白い濃厚ミルクを噴射してくれました☆
おすすめの記事